【ブリー・ターナー出演回】コールドケース シーズン1 第3話「猫(Our Boy Is Back)」の感想、挿入歌紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

コールドケース 迷宮事件簿 シーズン1 第3話「猫(Our Boy Is Back)」
米国放送日:2003年10月12日
監督:ブライアン・スパイサー

今回の監督ブライアン・スパイサーはさまざまな海外ドラマの製作に携わっている人物。
コールドケースでは、今回の「猫」のみ監督を担当。
映画監督デビュー作は「パワーレンジャー 映画版」

目次

簡単なあらすじ

殺人課に一通の手紙が送られてくる。

一人目、キッチンの床、飼い猫は役立たずだった。
二人目、黒髪の女、役立たずの猫が二匹。
三人目は死んじまったのに、役立たずの猫は見てただけ。
気が重いが、今はまだやめられない。外はまだ暖かい。

それは過去の犯罪自慢と、これからの犯行予告だった。

今回の事件

1998年8月21日 ゲイル・チマヨ事件

ゲイルは女子大生でフィラデルフィア美術館で働いていた。
一人暮らしをしており、何者かに自宅に侵入されレイプされた挙句殺害される。

当時の担当はヴェラだったが未解決に終わった。

当時関わっていた人物たち(※ネタバレ含みます)

ネタバレになるのでご注意ください。

ブルース・エルリッチ

ゲイルの彼氏。事件当時のアリバイがなく、DNAも提供しない。
大学で猫を使って実験をしている。
ヴェラは事件捜査に協力しないブルースに4回もケガをさせている。

ラリー・デトロイト

ゲイルのお向かいさんでゲイルに惚れていた。

エレン・カーティス

過去のレイプ被害者。
トラウマとなり現在は実家暮らし。

ニコール

過去のレイプ被害者。
犯人の体が異様にツルツルしていたと証言してくれた。

タニア

4人目の被害者。
美術史専門の大学生。

アナ・ベルリン

ゲイルの同僚でフィラデルフィア美術館勤務。
事件当日ゲイルとランチをしている。

カール・キーリー

博物館の警備員。
5年前から軍に入隊するも、女性将校に忍び込み6週間前にクビになっていた。

ブリジット・ヤング

カールの彼女。シングルマザーでちょっとオバカ。

ケイトリン・ヤング

ブリジッドの娘で、ビラを見て通報をしてくれた女の子。

犯人&犯行

がっつりネタバレになります!!!

カールはレイプする相手を美術館周辺で物色していた。
家を突き止めると猫を飼っているか確認。なぜなら猫を飼っていたら一人暮らしのサインだからだ。

狭いところを潜り抜けるのが得意で、昔から家に侵入しては物を盗んでいた。
カールの実家は貧乏で、母親は字も読めず、実の姉は売春婦。
頭の悪い一家で育ったことがコンプレックスでインテリ女子に憧れていたため、レイプ被害者は皆女子大生や図書館に通う女性ばかりだった。
ゲイルはカールに抵抗したため殺害されてしまった。

第3話「猫(Our Boy Is Back)」のネタバレ感想

録画ミスの女王

感想にはネタバレがありますのでご注意ください。

猫をヒントに標的を選ぶ

今回の犯人は猫を飼っている女性はひとり暮らしという公式から獲物を見つけていました・・・。
この話を見てから、私は猫を飼う一人暮らしの女性が心配になりました。。
でも今回の犯人の着眼点。当たってるかもしれん・・。怖い。
でも猫は日本では大人気のペットなので一概には言えないけれどね(男性でも猫飼ってる方多いですしね)

録画ミスの女王

ちなみに私はアイコンを猫にするほど大好きなのですが、猫アレルギー持ちですwwww

それぞれの刑事たち

そして今回の事件の当時の担当者はなんとヴェラ。
しかも結構捜査で暴走してた模様w
しかし今回リリーとコンビを組んで見事解決できました。
でも今回はあの女の子が通報してくれなければ解決しなかったかも?w

そしてリリーの相棒のクリスが、3話目にしてもう出なくなってるwww
ま、既婚者ですぐに家に帰りたがる役だからこのドラマにはいらんかもな。ってスタッフが思ってしまったのも仕方がない。
中の人(ジャスティン・チェンバース)はコールドケース後に「グレイズアナトミー」でブレイクしたし。よかったよね。

実際の事件を基にしたストーリー

今回のエピソード「猫」は実際にフィラデルフィアで起きた連続レイプ事件をモデルにしたエピソードとなります。
犯人の名はトロイ・グレイヴス。1997~1999年にフィラデルフィアで連続レイプ事件を起こし、2001年にはフォートコリンズで連続レイプ事件を起こしています。
間が空いてまた戻ってきたようにレイプを繰り返しているのがドラマとほぼ同じですね・・・。

今回の話と同じように部屋に侵入してレイプを起こし、実際にひとりの女性をレイプし殺害しています。
2002年にコロラド州立大学の近くで身柄を確保。
死刑を免れるために罪を認め、終身刑を言い渡されています。

実際にあった事件をモデルにしたエピソードのソース

ゲスト出演者

エレン・カーティス役 ブリー・ターナー

過去のレイプ被害者の一人エレン・カーティスを演じたのは、ブリー・ターナー。
1977年3月10日アメリカ合衆国 カリフォルニア州生まれ。

1997年公開の「ベスト・フレンズ・ウェディング」ではダンサーとして出演。
2011年に放送された海外ドラマ「GRIMM/グリム」のロザリー・カルヴァ―ト役で有名。
現在は2児の母親。

1998年

今回の年代は1998年。オープニングの曲から懐かしさ全開。
98年日本では長野オリンピックがあった年でしたね。
世界ではインドとパキスタンが核実験を起こしたり、北朝鮮がミサイルのテポドンを発射したりしました。

1998年に公開された映画

タイタニック



メン・イン・ブラック



アカデミー賞受賞作品「恋におちたシェイクスピア



挿入歌

オープニング、ラリーがゲイルに話しかけるシーン

Third Eye Blind – How’s It Going to Be



この曲は何かの海外ドラマで聴いたことがあるんですが、思い出せません。
たぶんロズウェル~星の恋人たち~かな??

ラリーが警察に通報したシーン

The Cranberries – When You’re Gone


ラストシーン使用曲

The Wallflowers – Heroes

今回のラストシーンで流れたのは98年に発表されたThe Wallflowers verのHeroes。
1998年に公開された映画「ゴジラ」のサントラに収録されています。もともとはデヴィッド・ボウイの楽曲。
1998年当時は何度も何度もラジオで流れたそうです。

コールドケースに使用されたエンディング曲をまとめたプレイリストをAmazon Musicに作りました。

今回の一言

録画ミスの女王

「おたくは死んでも本読まなそうだね」のヴェラの一言に笑ったw

次の回、第4話「靴下(Churchgoing People)」の感想はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次